スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

痛い

わかり合えないなぁ
悲しいことに

わかり合うつもりがない人とは
わかり合えない

わかり合いたいから頑張ってるんだけど

わかり合えないから悲しい

傷持ちも尚、

傷つかない心を持っている訳ではない
どちらかと言えば、実は傷つきやすいほうでもある

けれど、それをわざわざ相手に言うつもりはない

心ない言葉に涙することはあっても、
それはどう転ぼうが自分のことであって他人様のことではない
その人の言葉が痛く突き刺さったとしても、相手に強要できるものでもないし

痛いなと、怒ったり悲しんだり、そういうのっていつも思うが付き合う上で悩む
一緒にいて心地よいか否かであれば、それはきっと心地よくはない
だからと言って簡単に切り離していいのか迷う場合は、とりあえず一定の距離で
一定の距離で冷静に見てる自分に嫌気がさすのはいつものこと
この苦しい心もいつものこと

誰かれ構わずに、敵意を持つことはない
人間不信の私が言うんだから、笑えるかもしれないが
誰かれ構わず否定することはない

間違っていたらそっと教えて
この道を違えていたら、そっと

3・2・1

過去に戻りたいか、と言われれば戻りたいのかもしれない。
けれど、いつに戻りたいか、本当に戻りたいのかと聞かれれば戻りたくはない。

スガシカオさんの歌にもあったけど、あの人が『もう一度死ぬとこなんて見たくもない』し。

もう一度あの苦しみを味わって、もう一度辛い時期を乗り越えて?
それともそれを避けて違う道を選ぶ?

どの道を選ぶにしても、確かに今、「遅かったな」と思うことはあれど、
今からじゃダメなことは少ない気がする。
ダメならどうするか、っていうのはあるし。
AプランがダメならBプランを考えるしかないし。

もしあの頃に戻れたら、を考えるよりも、
今この時を生きる自分がどうするか。

昔、好きだったことやものは確かに減ってしまった。
それは、悲しいことでもあるけれど。
でも、“今”好きなものだってある。
プラスマイナスは…よくわからないけれど。

人は、何かを失いながら生きている。

それは本当にそうだと思う。
何かを得る為に何かを失う等価交換。それが常に等しい訳ではないけれど。
最終的に少しだけプラスになって終われればと思う。

戻りたい過去は、確かにあるけど
後悔せずに生きることなんて出来ないけれど
もう一度人生をやり直したいとは思わない。

いま手に入れたものを、
いま一緒にいる人たちを
失いたいとは思わない

燃ゆる雪


静かに、
安らかに。

Image1751.jpg

この胸を、


泣きたい時に泣けない、は少なくなった
むしろ泣くことが多くなったかもしれない

感情をあらわにすることは怖いことではない
誰かの為に落とす涙は尊いものだ

何を残せたかな、
いつも思う
何も残せなかったかも、
だけどもう

だから今 流す涙だけは
この気持ちだけは

Image2211.jpg