スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

2016年LIVE&イベント歴

1.1/11(月祝) モノブライト
LIVE 2016 〜bright eyes.〜@梅田CLUB QUATTRO(真ん中辺り2〜3列目くらい?)
久しぶりのモノブライトでした。半年ぶりぐらい?かな?タッキーがいなくなったからこそ、変化を、という感じだった。聴かせたい曲の強化をしようとしてるのかな?モノブライトは踊れる曲が好きなんだけどなぁという印象。
柵に足掛けをして歌ったりしていたんだけど、あ、乗っけるんだなぁと最前の方が足を乗せられるように場所を空けていて(笑)それを見た桃ちゃんが微妙に笑いながら足をかけてたのが面白かった。予定調和?
でーさんがステージから落ちた?らしいんだけど、前にでーさん出るときはサイドのほんと端っこに出てきてたから場所的に見えなくて、終わってからTwitterで知るという…良かった、怪我なくて…。
まっつんは眼鏡してる方が良かったよねー!と眼鏡&白ポロじゃなくなったアー写を見たときに友達と話してたけど、普通に眼鏡なくてもカッコよかった。表情豊かで幸せだった…!
あと、せっかくの新生モノブライトなんだから、いつもみたいに桃ちゃんだけじゃなくて、3人で喋る形式にして欲しかったなぁ…。

2.1/16(土) 米津玄師
2016 TOUR 〜音楽隊〜@Zepp namba 1階430番台(ステージ上手端辺り2列目)
さすが米津玄師さん…!という演出具合でした。素晴らしいね。セトリも攻めてて、アレンジも面白かった。ゾワゾワくるわー。もう少し音が重いと好みだけど、それでも十分なぐらい楽しかったな〜(*´ェ`*)
スピーカーが近かったけど、全く耳鳴りにならないくらいだったから、後ろのほうでは音がどうなってたのかが気になる…。
オンステージの方々がみんな、マルチプレーヤーな感じで、すごい…!と驚いた。
セトリはツアー終わって載せれたらいいなぁ。

3.1/17(日) モノブライト
LIVE 2016 〜bright eyes.〜@渋谷CLUB QUATTRO 149番(下手側端っこ2列目)
新曲ばかりのLIVEは、正直結構難しいんだけれど、大阪で聴いていたのもあり、ゆらゆら聴き惚れました。
そういえば、MCで客に注意というか怒ってくれるのも嬉しかったなぁ。
あと、ギター?トラブルやマイクがダメになったり、でーさんの眼鏡が行方不明など色々あったけど、これをしたい、みたいなことが見えるLIVEで良かったです。個人的にはハイな曲もう少しあっても〜と思わなくはないですが。前のツアー?ん?前々回?の、時にやってた新曲たちは何処へ…あれ、好きだったんだけどなぁ…(・3・)
次のツアーと新曲配信も決まってるようで何よりです。チケットもとりあえず東京ゲットしました。日付がもう少し空いてたら東京と大阪買えたのになぁ_(´?`_)⌒)_
近くで見える表情だとかパフォーマンスがかっこよくて、ニコニコしてしまう。
そしてなんと言うか、なんて言えばいいのかわからないけれど、今回のLIVEは、なんか、何かが、ゆっくりと、あるいは、ドロリと、深いところから溢れてくるようだった。

4.1/22(金) 米津玄師
2016 TOUR 〜音楽隊〜@Zepp Nagoya 1階725番(下手側2〜3列目)
LIVE始まったらちょい詰める感じでこの辺りに。基本激しいよりは緩やかな感じ。オンステージは、なんだろ…演奏というか、熱として、激しいというか、激情、みたいな…。
演出は、とても米津玄師さんらしくて、すごい。こんなことよく思いつくなぁとか、頭の中の世界を垣間見れる気がして、面白い。
個人的には、米津玄師さんはいつかふと、なんの未練もなくあっという間にステージに立つことをやめてしまう気がしていて、その分、刻みつけないといけないという気がする。

5.2/2(木)ポルノグラフィティ
FCイベント FUNCLUB UNDERWOLD5@Zepp Nagoya331番(上手側2列目、ステージ端辺り)
晴一さんが見やすい良い位置で!ポルノのライヴハウスは結構押されるイメージが今まであったけど(実際、横向いた姿勢のまま動けなくてそのままずっとステージを観続けることもあったし)今回は端の方だったからか、そんなことはなく、楽しく跳んだり揺れたりできた。むしろみんな大人しめ?真ん中と下手辺りがちょっとわちゃってたくらいだったみたいで、なんなら私跳んだり揺れたりするからか、周りに余裕があって快適でございました。
晴一さんもよく出てきてくださって嬉しかったな〜。私のちょっと後ろの辺りに晴一さん好きな友達がいたので、余計にこう…楽しさだとか嬉しさが伝わってたら良いなと!あと、晴一さんの前の辺りの方は是非盛り上がっていただけると!私が!喜びます!!
昭仁さんは序盤にこっちに来ようとしたらキャー!と歓声が上がった瞬間に(詰め寄ったら危ないと思ったのか)戻って行ってしまったので、あんまり端まで来てくれないなーと思ってたんだけど、どっかで一回目が合ったので、良かった?です。でも欲を言うならあの曲で見下しながら歌っていただきたく…!とかちょっと思ったり。思わなかったり。いや、やっぱり思ってました。

6.2/11(木祝)米津玄師
2016 TOUR 〜音楽隊〜@豊洲PIT 970番(上手側4列目〜3列目くらい)
バーはところどころあるけど全体としてはフラットで四角い会場。これぐらいの規模だと縦長な所が多いから、後ろが近く?狭く?感じて面白かった。ステージも、横に広くて、あんなに横に広いステージ、この規模では初めて見たかも。あと、ドリンクは終演後だと外で交換する形式で斬新だった。列も長かったから時間かかるかなって思ったら流れ作業でめっちゃスムーズに列が進んで、あっという間に交換も終わるしでビックリ。
中に入ったら思ってたより前が空いてたので、前の方へ。初めはステージ端くらいぐらいにいたんだけど、最終的に押されて少し真ん中のほうの前に行く感じになった。でも中ちゃんよりは少し外側だったから、ステージが広いのを実感。あと、もみくちゃ感があったほうが個人的にはライヴハウスの醍醐味と思える程度の押しだったので(つまりそんなにだったので)余裕で楽しめました☆
裏打ち曲とかノリだとかが難しい曲があったりするんだけど、周りは常に前のめりな感じで、ちょっと気温差を感じるけど、周りがどうだろうが、私は自分の好きなように楽しむスタンスなので問題なく。友達と終わった後に「裏(打ち)だよね?」と話したりはしてましたが(笑)
米津玄師さんは、心のタンクに充填したわー!楽しかったー!というよりは、緩やかにコップにあたたかいものが注がれていくような感覚。幸せって嫌なこととかがあると減っていくから、少しずつ減っていって、空っぽになったタンクにLIVEでまた充填して、みたいな感じなんだけど、米津玄師さんは不思議とタンクではなくて、なみなみと注がれたコップが在るような感覚。たまにそれを眺めては微笑みを浮かべられるような。だから、コップに入っているそれが、幸せという感情なのかはわからない。
ただ、私はとても満たされている。それだけは確かだ。

7.2/15(月)ポルノグラフィティ
FANCLUB UNDERWORLD5@Zepp Fukuoka 1482番(上手側最前ブロック後ろのほう)
なんか、入れるのを失敗したのか?後ろが入らなくなったから前のほうに人を流してて、そのおかげでラッキーなことにこの番号だったけど最前ブロックに来れました。
あと、友達が会場を調べてる最中に知ったけど、Zepp Fukuokaなくなっちゃうんだね…ドームがすぐそばで、場所的にはちょっと辺鄙なところだけど、天神も博多駅もバス1本で行けるし、会場のロッカーが埋まっててもドームの外側のロッカー使えたりして良かったんだけどなぁ。
階段に並ばせたりして、風は吹き荒れるから寒い場所ではあったんだけど(笑)周りにはあんまり時間を潰せる場所はなかったけど、ウロウロお散歩できるぐらいには周り何もなくて、友達とぼんやり歩いたりして、それがなんか好きだったんだけどなぁ…。
前にZepp Fukuokaに来たのもポルノだったし、閉鎖する前に来れて良かった。思い出をたくさん作ってくれて、ありがとうございました。
LIVEは、押し合いも某曲で手拍子もなくて、感動した!某曲は手拍子ないほうがいいと思ってたから嬉しかったな〜。
少し後ろだったから周りも余裕があって、良い感じに動けました。はー幸せ。

8.2/23(火)ポルノグラフィティ
FANCLUB UNDERWORLD5@Zepp Namba 夕方公演 2237番(上手側3ブロック目後ろのほう)
入った瞬間にすごい人!止まらないでください、詰めてください前に横に行ってくださいと言われ、ひゃー!っとなりながらとりあえず前へ。さすが大阪と思いながら、詰めました。
そして私のFCUW5は、終わってしまいました。始まる前、こんなにすごいと感じるLIVEになるなんて、思ってもみなかったです。それぐらい、すごかった。あんなにも、こんなにも、曲の力を感じて、曲が塗り変わっていくような快感にも近い感動を味わうことはそうそうないでしょう。楽しくて、幸せでした。
今まで、ずっとぼんやりとは感じていたはずの、「ポルノについてきて良かった」という気持ちが、確固たるものとして、ふとした時に口から出るくらい、本当に、ついてきて良かった。好きで、良かった。こんなにも誇らしく、嬉しい気持ちになれたのは、今回のFCUW5に行けたからだなと心底感じました。
ありがとうございます。これからも、ついていきますので、よろしくお願いします。

9.3/20(日)野崎森男 寺子屋@都内某所
これをイベントとして数えるものなのかな?と悩みつつ。とりあえず久々でしたがとても楽しかったです。
敷居高く感じるのか、常連少数+α(新規orたまに来る方少数)な印象。
別に楽器やってなくてもいいし、楽器音楽関係やってる人もいるけど、半分以上はやってないし知識なくても別に問題はないです。聞けば教えてくれるけど、まぁ、音楽は好きなほうぐらいで問題ないかと?
別にポルノ好きな人じゃなきゃな感じでもないですし(ポルノそんなに聴かないって方いましたし)色々質問したりそれから派生したことで基本話してる程度です。あとはちょっとベース弾いてくれるかなぐらい。
私も久しぶりに行って、初めはソワソワしましたけど、空気感に慣れたら普通にリラックスしておりました。まぁ常連さんがいる分、その方々は多少くだけてたりな部分もあるのかなぁぐらいです。好き嫌いはあれど。
私は楽しかったし、また機会があればちょいちょい行こうと思ってますけど、好き嫌いは分かれると思います。
まぁ色んな意味で近いので、一回くらい行ってみてもいいんじゃないでしょうか。

10.4/29(金・祝)ポルノグラフィティ(目当てで) REQUESTAGE@大阪城ホール アリーナ立見Eブロック754番(アリーナスタンディング上手最後方)
大阪城でスタンディングって面白いなと思ってアリーナ単願でラジオ先行やら頑張った後にFC先行でも頑張ったけど取れなくて、結局FM802のサイトの課金した先行でようやく取れた。結果的にsold outしていたので取れて良かった。
アリーナでスタンディングって面白いなと思ったけど、ブロック内自由移動とは聞いていたけど、順番通りに入場だしブロックの中でも番号で区切られてて、もっとざっくりかと思ってたのになーんだ、といった感じ。バーを取れたので荷物も置けて楽だったけど、アリーナクラスでライヴハウスと同じレベルの軽装で行こうにも時間長すぎて微妙よなぁという印象。よっぽど前じゃなきゃ待ち時間(暇時間)を考えたら椅子ある席のほうが楽だったかなぁといった感じ。
出演時間はどのアーティストも知名度も全て関係なく30分(トリだけ+アンコールの1曲ぐらい)。転換入れて45分の持ち時間なのかな程度で、ハッキリ言って物足りない!!知らない(あんまり興味ない)方は30分というと飽きてくるくらいで交代だったのでちょうどいいのかなぁという気がしないでもなかったけど…フェスとしては面白かったけど、広く浅くぐらいのライトな方に向いてるイベントだなぁという感じ。目当てが1組だけだと辛いかも。最後にオールラインナップもなかったし。まぁ、新曲の『THE DAY』を生で聴けたのは嬉しかったけど!
あと、色んなLIVE(表現)があるなぁと思える個々アーティストのステージングは楽しかったけど、待ち時間が長いからその間出演者のトークとかしてもらえたらもっと楽しかったのにな〜という気がしないでもなかった。
後ろにも人が入ってて面白いステージではあるので、次行くならバックステージでも面白いかもなって思ったけど、興味のある(観てみたい)人が半分はいないと色々キツいかもしれない。と思った。次行くかと言うと、個人的には悩みどころ。

11.5/21(土)angela 全部が主題歌ライヴ@河口湖ステラシアター 1階1F 2列7番(1列目に人を入れてなかったので実質最前)
すり鉢型でステージが低いところにある変わった半野外(後方とステージは屋根あり)のホールサイズくらいかな?といったところ。3000人くらい収容だったかな?長方形のステージ+半円形の部分がオケピっぽい感じ?だったけど、半円形の部分もアコ編成で使ってたからいろんな意味でとても近かった。
石段なので座ってると多分痛い。入る際に入り口でビート板みたいな敷物もらえたけど。
円形の会場ではよくあることなんだけど、こう、縦も横も狭い。次回行くときは物少なめで行かないとだなぁと思った。椅子がなくて、床に線が引いてあって、ここがスペース、みたいになってたので、座る形ではなく立ってるとかなり狭い。隣の人と前後にしないと動けなかった。…場所によるのかな?
LIVEはもう、演出がニクいね!素晴らしかった!こんな演出しちゃうー!!って感動した。私の席は端寄りだったので、ステージ全体が見えるような演出が見やすい位置だったら感動で動けなかったかもしれない。それぐらい良かった。
セトリも主題歌ライヴだけに、もう、盛り上がるしかないよね、という曲ばっかりですごかった。楽しかった!今までで一番楽しかった、という声が終演後聞こえてくるような良いLIVEでございました。遠かったけど、行けて良かったー!と心底思えた素晴らしいLIVEでした。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

http://merry-berry.jugem.jp/trackback/845