スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

魔王/伊坂幸太郎


一時期(今もなのかな?)ジャンプだったかサンデーだったか、そういう雑誌で伊坂幸太郎さんとのコラボ?みたいなので漫画の連載をやってましたよね。

買ってはいたものの、魔王を読む前にそちらを何回か読んだことがあったので、頭にそれが残った状態で読んでしまったのでいけなかったようです。

あれ?あれはないの?
ん?原作だとそこまで書いてないんだ?
あれ?こういう進み方しないの?
漫画のイメージと原作のキャラのイメージが違う…

先に変な(というのは失礼ですが)イメージを埋め込んでしまって読んでしまったので、頭の中で映像が混ざり合ったことで変な違和感を抱えつつ読み進めてしまいました。

もう少し違う話をイメージしてしまっていただけに「あ、これで終わり!?」となりました。
でも、伊坂さんらしい話で、うん、好きだなぁ。

前半に兄の話、後半に5年後の弟の話。
投げた石が返ってこなかった感が多少ありますが(伊坂さんはいつも布石を回収するタイプなだけに)、作中のキャラクターの言葉を引用させていただくなら、「考えろ」なのでしょうね。

尚、私は「あとがき」は読みますが、「解説」は読まないタイプなので、意図していることとズレてたりしても気にしません。自分が感じたことがすべて、です。


 


「みんながそう思ってるから、変わらないんだ」


「(略)政治家が必死に考えているのは、政治以外のことだと見限ってるわけだ。(略)」


「生きてると、こういうこともありますね」


ムードとイメージ、世の中を動かすのは、それだ。


「やっぱり、敵と戦わないと、守れないね」

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

トラックバック機能は終了しました。