スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

不可思議世界、憤慨

姫のblogに、M子さんという方が登場して、思わずHNを変えようかと思ったワタクシです。

まあ、私じゃないけどね。
私じゃないからこそ、変えたほうが良いかなとは思った。

切り絵買いたかったけど、その時ものすごく金欠で、売り切れちゃうかな、大丈夫かな…ってハラハラしながら見てたら見事に売り切れたからね!嬉しいけど悲しかったさ!
お金が無い私が悪いんだけどさ…その辺出費が続いてて…
とかいう私の嘆きはええねん。

それにしても、姫の言う、M子さんがコメントしてくれないのが残念です。
この人かな、っていうのはコメントしてる方でいるけど…
私も書き込んでるけど(笑)

そして、最近すんごい不思議なのが、みんな普通に、相手に色々出しちゃうというか、尊敬する人に自分を見て!みたいなのが出来ちゃうことがすごいと思う。

ある意味チャレンジャー?

ツイッターで言えばフォロー(フォローすれば自分が見れる、なので、相手がフォローすると自分の呟きが見られる)というのがあって。
見たい人のはフォローすれば見れるんだけど、相手にフォローミー!だとかして、フォローしてもらうと、自分の呟きが自動的に相手にも見られるんよ。

自動的に表示されちゃうから、見られちゃうのよ!?

見て欲しい、という目的で書くよりはほんと呟いてるだけだし、たくさん呟いたらそれだけ相手のところには大量に表示されるん。
それって、読みたい、って思ってる人は良いけど、フォローミー!でお願いした時ってどうなの!?っと思ったり。

私は恥ずかしくて、というより恐れ多くて出来ません。

尊敬する人、で大好きな本間さんのツイッターをフォローさせていただいてるんですよ。
で、フォローしてる人はたくさんいるから、そんな気にしないだろうし見ないだろう、というの前提でフォローさせていただいてるの。
自分のところ開くと自動的に表示されるから便利だし。

で、なんか結構…勿論気軽にフォローってしていいものだと思うんだけど、フォロー外すとどうやら相手にも伝わるみたい?なので、なら、ある日に本間さんが大量更新してる時があったんですけど、その時にちょいちょいフォロー外した人がいたみたいで、私はそれに憤慨しましたよ!!

何故、そこまで愛さないのか、と!!

いや、まあこう書くとキモイ人ですけど(笑)
実際ね?フォローするには見たい、っていのとか便利だとか思ってする訳じゃないですか。
好きな人なら特に、軽い気持ちでフォローするってどうよって思う訳ですよ。
それならフォローせずに普通に見に行けばいい訳じゃないですか。ツイッターはゲストでも普通に見れますし。
だからなんかもう憤慨ですよ!そんな軽い気持ちでするな!と。
それが更にフォローミーしてた人ならちょっとそこに正座!ぐらいの勢いですよ!!

………ちょっと落ち着きます。

んとね、ファンレターとかだと、相手に自分の想いを伝えるわけで、それは例えば好きだとかそういう気持ちを書くのって正しいと思うの。
ただ、ツイッターもだし、例えば姫のところでblogのアドレスを書くのだって、勿論そのほかのミュージシャンやアーティスト、とにかく自分の好きな人のところとかにコメントを残したり書いたりするのだって良いと思うの。
言わないと伝わらないものだし、好意を伝えるって、とても大切で尊いことだとも思う。

ただ、blogのアドレスを書く、ということは見て欲しいと思って書いてる、というとらえ方を私はしてるんだけど、そうすると、これはツイッターにも繋がってくるんだけど、自分の日常だとか、思ったこと、その好きな人とは関係ないことも大量に、むしろその好きな人に関係あることのほうが少ないんじゃないかなと。思うのです。

自分を知ってもらいたい、というのとかそういうのじゃないと思うのですよ。
blogとかツイッターとかって。

芸能人の人を除いてね?表現者は自分発信であるべきだから、良いのです。
でも、一般の人、もちろん私だって、自分を知ってもらいたくて書いてるのかなぁと。
まあ、そういう人も勿論いるだろうけど、私は基本的にメモだとか思ったことを言って、スッキリ☆だとかそういう事に利用しているので(blogなんかはしっかり残るけど、ツイッターは結構流れ作業と言うか、流れやすいからきちんと留めることができないとも思ってるから、思ったことをさらっと呟いてるだけだし)好きな人だとかのことも勿論好きだから書くけど、それってその本人に見てもらう為になんか書いてないし、むしろ自分の心で感じたこととかを留める為だったりに書いてたりするんですよ。
勿論、コレ、オススメ☆とかそういう意味で書いてたりはするけど、それは自分の好きな人や好きなものが広まって、誰かも好きになってくれたりしたら良いなとかそういう想いを込めてたりはしますけど。

blogもツイッターも、公表して書いてるからには誰かしらが読む、ということは考えてるけど、基本的にものすごくは考えてなくて、誰かが読んでるかもしれないから、例えばネタバレだとかちょっと気をつける、読みたくない人が目にしなくていいように少し気を遣う程度ですよ。

相手に確実に届けるファンレターとは違うのだから、blogのURLを書くのもツイッターでフォローしてもらうのも、読んでもらいたい、というよりは、読まれるんだ、ということをもっと自覚して書いたり申請したりしているのだろうかと……思わずにはいられない最近のM子。さんです。
読むのは自由、だけどツイッターなんかはフォローミーしたら半強制的に表示ですからね。
尊敬してたり好きな人なら尚更、なかなかそんなことできない気がしますです。

まあ、私の頭が固かったりするだけかもしれないですけど、好意が含まれないものはそう簡単に伝えるものではないと思っているのです。

愛があるものと愛のないものは、それがもし伝わりづらいものとだとしても、発する側の人間やそれを受け取る人間としても、全く違うもの。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

トラックバック機能は終了しました。