スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

『Who is overdue?』

豆姫ことLISAGOの新譜、発売中です☆
Image0141.jpg
ちょっとバタバタしてたのもあり、ようやく手に入れて先日からコレばっかり聴いてます
右が初回で左が通常の。大好きな方々のはいつもは初回版だけ手に入れるんですけど、姫のだけは特別で、両方手に入れてます

タイトルは『Who is overdue?』です。

オフィシャルサイトのShopから購入できますので、『LISAGO』で検索かけて下さい

今回の歌詞は姫いわく、

唄っている英語もどきみたいな英詩ではなく
和訳したものを更に感覚詩にして記載している


ものなので、英語みたいなもの(笑)で全曲歌われています。
あ、一番初めはインストなのでそれはvo.が入ってないので違いますが。
しかしながらよく聴いて、自分の頭でもわかる範囲の単語を拾いながら聴いてみても、色んなことが伝わってくると思います。英語詩は載ってないのですが、聴いていれば拾える単語はあるので。
歌詞は意味のないものではないですが、歌詞だけじゃなくても、勿論それがインストであっても、そこには意思というかココロが必ず入ってるので、それを本当に伝えたい人が作って、唄えば、目に見えなくても必ず“何か”は伝わって来るものだと思います。

例えばそれは、姫の過去の作品である『回路マイマイ』の詞を用いたとしたら、

耳のない虫に電話して 大きな声で褒めてみて
さもすれば愛だけは 届く


と言ったところでしょうか。

以下、簡単な?レビュー。

収録曲は
1.An instruction
2.Who is overdue?
3.Black Hole
4.Stargate
5.Death star
の5曲です。

1.An instruction
これはインスト。姫らしい誘い(いざない)系の曲になってます。不思議ととらわれる曲。

2.Who is overdue?
かっちきです。カッコ良すぎです。前回の『12CMENTAL』は(個人的にはね?)優しい感じだったので、今回のは俄然Rockです。

3.Black Hole
サビでぐっと持っていく感じとかがもう姫色全開で大好きです!!
私は音楽の細かいこととか、理論とかそういうの全然わかりませんが、「考えるより感じろ!」と思っているので、音楽的なこととかここのアレンジがとかコードがとかそういうのは全くわかりませんが、良い曲は良い。それで十分なんだと思います。

4.Stargate
この5曲の中では一番popなんじゃないかなと。疾走感があって、綺麗な感じもあって、CMとかに使われてそう。
私は、私の生きている中で姫ほど表現力のある女性はいないと思っていて、もちろん誰だって生が一番だと思うけど、CDでここまで伝えられる(伝えてくる)人は、本当に少ない。それを感じられる曲だと思います。

5.Death star
姫の言う、『QuietRock』…『静かに彷彿とさせるRock』が、よく表れている1曲かと。
ピアノが美しく印象的に響き、サビでは重ねられた声が広がりをもって空間を作っている。
そしてそれはLISAGOという世界の入り口。聴く者を静かに引き込む扉。



歌詞や曲は必ずしも救われる曲じゃない。
けれど、その中でも彼女は光を持っている。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

トラックバック機能は終了しました。